平成27年度 市立恵那病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 217 50 39 48 107 168 344 475 740 312
・当院の一般病棟を退院された患者様の年齢を10歳刻みに集計したものです。
・年齢は入院時の年齢により集計しています。

<解説>
恵那市の高齢化率は30%を超え、当院でも60代以上の患者様が全体の約75%を占めており、地域の高齢化を反映しています。また、当院は恵那市で唯一の小児科入院施設を有しているため、高齢者に次いで10歳未満の退院患者数が多くなっています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 手術なし 手術・処置等2 なし 201 17.18 14.34 2.49% 79.80
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 97 27.51 18.30 6.19% 85.75
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 91 24.89 21.69 3.30% 84.78
<解説>
当院の患者様は高齢者が多いため、高齢者がかかりやすい疾患が上位となっており、肺炎が最も多く、次いで心不全、誤嚥性肺炎となっています。高齢者になると治療目的の疾患の他に基礎疾患がある場合が多く、入院中に基礎疾患の治療も行うため入院日数が全国平均より長くなりやすい傾向にあります。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040080x1xxx0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳未満) 手術・処置等2 なし 68 5.40 5.72 0.00% 3.37
100380xxxxxxxx 体液量減少症 45 4.02 9.18 0.00% 3.89
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 27 5.63 6.31 3.70% 3.44
<解説>
小児科で最も多かったのは肺炎です。成人に比べ小児は細菌やウイルスに対する抵抗力が弱いため、風邪から肺炎になってしまう場合があります。その他にも下痢やおう吐などをから脱水症になってしまう患者様が多くなっています。どちらも早期に治療を行えば、比較的短期間での退院が可能といえます。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 37 2.30 7.52 0.00% 50.92
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 34 4.15 10.02 0.00% 71.06
060035xx99x50x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 5あり 定義副傷病 なし 16 7.19 4.53 0.00% 59.19
<解説>
頭部外傷が上位となっています。頭部外傷は、受傷直後は何事もなくても、遅れて頭痛やめまい等の症状があらわれる場合があります。このような場合に対応するために当院では、頭部外傷の患者様に経過観察入院をお勧めしています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 60 70.80 28.70 3.33% 83.60
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 定義副傷病 なし 33 47.39 21.52 0.00% 79.30
071030xx99xxxx その他の筋骨格系・結合組織の疾患 手術なし 10 13.90 10.51 0.00% 81.60
<解説>
大腿骨頚部(足の付け根)骨折の人工骨頭挿入術の件数が最も多くなっています。年を重ねると骨がもろくなり、骨折しやすくなります。実際、当院の大腿骨頚部骨折の平均年齢は83.6歳と高齢です。手術後、回復期リハビリテーション病棟を中心に、入院から在宅までの治療を一貫して行っているため、入院日数が全国平均より長くなっています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 - - - 15 - - 1 第6版
大腸癌 - - - 45 16 - 1 第6版
乳癌 - - - - - - 1 第6版
肺癌 - - - 16 - - 1 第6版
肝癌 - - - - - - 1 第6版
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
・5大癌についてUICCのTNMから示される病期分類について患者数および再発患者数を集計したものです。
・集計期間中に入退院を繰り返した場合はその都度患者数にカウントされます。
・癌のStageはⅠ→Ⅱ→Ⅲ→Ⅳと数字が大きくなるにつれて進行した状態となります。
・患者数が10件未満の場合"-"が表示されます。

<解説>
患者数としては大腸癌が最も多く、次いで肺癌、胃癌となっています。当院では診断から手術や抗がん剤治療といった治療、術後のケアまで一貫して行うことができ、入院だけではなく外来でも抗がん剤治療を行っています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 11 10.36 54.64
重症度 1 38 13.45 79.47
重症度 2 43 14.72 84.02
重症度 3 32 26.84 84.03
重症度 4 - - -
重症度 5 - - -
不明 - - -
・成人の市中肺炎について、重症度別に患者数、平均在院日数、平均年齢を示したものです。
・A-DROPスコアにより重症度別の患者数を集計しています。
・患者数が10件未満の場合"-"が表示されます。

<解説>
重症度が高くなるほど平均在院日数が長くなりやすい傾向にあります。重症度2以上の平均年齢が80歳を超えており高齢者は重症化しやすいことがわかります。当院で最も多かった分類は重症度1~重症度2の「中等症」で全体の約60%を占めています。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 11 4.55 77.64 8.33%
その他 - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 - - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 60 42.70 79.98 5.48%
その他 13 45.92 82.54 0.00%
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの - - - - -
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの - - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> - - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 - - - - -
・脳梗塞の病型別患者数、平均在院日数、平均年齢、転院率を示したものです。
・発症日から「3日以内」と「その他」に分けて集計しています。
・患者数が10件未満の場合"-"が表示されます。

<解説>
脳梗塞患者の約82%にあたる60名が発症から3日以内に治療を開始できています。当院は回復期リハビリテーション病棟を有しており、急性期を脱した脳梗塞の患者様に対して発症前と同じ生活が送れるようにリハビリテーションを行っております。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 54 0.02 1.06 0.00% 64.13
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 12 1.92 14.67 0.00% 86.83
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) - - - - -
・患者数が10件未満の場合"-"が表示されます。

<解説>
内視鏡的結腸ポリープ切除術が最も多くなっています。内視鏡を用いて結腸内のポリープを切除する手術です。切除したポリープを検査し早期がんの発見・予防に役立てます。当院では決められたスケジュール表(クリニカルパス)に沿って、1泊2日の経過観察入院をしていただいております。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 ヘルニア手術(鼠径ヘルニア) 43 0.67 7.30 0.00% 59.60
K6113 抗悪性腫瘍剤動脈、静脈又は腹腔内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他に設置した場合) 12 4.58 10.00 0.00% 64.42
K7193 結腸切除術(全切除、亜切除又は悪性腫瘍手術) 11 6.36 22.55 0.00% 70.18
<解説>
鼠径ヘルニア手術が最も多くなっています。成人だけでなく、小児の手術例もあります。
抗がん剤を投与する機会が多い方などに対して、体の負担を減らす目的で抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置を行っており、件数も上位になっています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨、上腕、大腿) 42 7.10 59.83 2.38% 82.07
K0811 人工骨頭挿入術(肩、股) 22 11.55 58.14 0.00% 80.14
K083 鋼線等による直達牽引(初日) 12 0.50 104.58 0.00% 70.25
<解説>
高齢者に対しての大腿骨頚部骨折に対する手術が上位2つを占めています。高齢者の大腿骨頚部骨折でも、手術を行うことにより寝たきりを防いだり、感染症の予防を図ることができます。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる 20 0.80
180010 敗血症 同一 - -
異なる 22 0.88
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 - -
異なる - -
・感染症や合併症の症例数、発生率を示したものです。
・播種性血管内凝固症候群や敗血症に陥りやすい疾患郡も存在するため、「入院契機病名」と「最も医療資源を投入した傷病名」が同一の場合と、異なる場合で集計しています。
・患者数が10件未満の場合"-"が表示されます。

<解説>
発熱等で体が衰弱している状態では、抵抗力が弱まっており感染症や合併症にかかりやすくなっています。感染症が重症化した場合、播種性血管内凝固症候群(DIC)や敗血症といった状態になりますが、当院の発生率は1%未満で感染症の重症化を抑えられている状況といえます。
更新履歴